February 23, 2015

what do you want to see: seriese no.1


About a year ago, I asked random people what they want to see,
and I got a good amount of wishes to have fun with solving them by taking pictures of them.
I wanted to have an exhibition for this but it's been a while since this project started and I'll be busy with my office job till summer and I couldn't wait,
so I decided to post those "what do you want to see" photos on my website.
Easy a.

First of all, I took photos for Yoshi, he told me that he wanted to see many dogs.

When I got his email, I did a little research(easy one) on where I can find many dogs, for free...
Eventually I looked up a schedule of fairs and events in Tokyo,
and found this interesting Japanese dog show going on, so I decided to go check it out.

On the dog show day, I made a lunch box early in the morning feeling like going on a nice picnic,
and headed over to the bay area where the dog show was taking place at....
I arrived, and the place was just filled with twisted passion of human ego and pretty dogs... It's like I just reached the weirdest spot of the day in Tokyo.
Waah, it felt like those Japanese dog owners were trying so hard to prove that they are just so so amazing because their dogs are so daaaamn good.

Anways, I think I love taking photos of what others want to see since I guess something new or weird comes along with it.

去年の3月頃に、見たいものを教えてくださいとウェブ上で伺い、
30個くらいの見たいものが集まりました。
少しずつ撮りだめて展示をしようと思っていましたが夏まで予定が見えなくて
時間がかかってしまいそうなのでほろほろと
見たいものを教えてくださった方へのアンサー写真を
マイウェブサイトにアップしていこうと思います。

今回お初となる投稿、ワンちゃんを沢山見たいとメールをくれた
ヨシさんへのアンサーです。
犬を沢山見たいとメールをもらった後に、とりあえず犬の集まる所、
ワン子の写真を撮れるとこを見つけなくてはと探していたら
幕張あたりで日本犬の展覧会が行われる事を発見いたしました。
日本犬!渋い!いいじゃな〜い!なんせ楽しそうですし、
お弁当作ってピクニック気分で行ってみることにいたしました。
当日、家を出て現場へ向かうと、人間のエゴと言いますでしょうか、
犬愛好家の異様なパッションに包まれた会場に到着してしまいました。
趣味の深さ、そしてその対象となってしまった生き物達のバランスの悪さ、
飾りとなってしまった生物の空しさとそれに命を注ぎ込む人間の空しさが漂い
なんとも言えない気持ちになりました。
犬が日本一であることはオレが一番であることというような
なんだか共依存の悪い例を見せつけられているようでゾクゾクしましたが
(私が悪い方向に深読みしすぎかもしれませんが)
ストイックに築き上げられたオーナーと犬の愛情ある信頼関係は
とても格好良かったです。何よりも、日本犬超カワイ〜イ(*^_^*)
会場にいたのは、紀州犬、柴犬、四国犬、北海道犬が主だったと思われます。
そして、たまにちょろっといるちょっと周りと比べてちょっぴり不格好な犬が
大会に臨む様子は、まるで頑張るマキバオーを見てるようで
とても応援したくなり胸が熱くなりました。
北海道犬は若干野蛮な感じがして新しいと思いました。

さて、話がずれましたが人の見たいを撮ると言うのは本当に良い経験になりますね、
知らない世界を垣間みる事が出来ますな。
というわけで、群がるワンちゃん達!というより
その場にいた一匹一匹がおもしろくてそのまま撮ってしまい
殺伐としてしまいましたが
ワンちゃん(そして、おじさま達も)たくさんのお写真です。

ちゃんとワンちゃん決めポーズっぽいのがありました





おこ!
柴犬?部門で優勝したワンちゃん
このワンちゃん、毛並みも体のバランスもとても美しく歩くだけでカリスマ性ビシビシ感じました
飼い主さんも姿勢良く常にキリってな感じでした